自分が目指す分野の企業に就職

自営業を始める前に必要なスキルを身につける

目指す分野の企業に就職すれば給料がもらえる上に、スキルを学ぶことができます。独立して自営業を始めることを考えるなら、先に就職することは間違いではありません。自営業で必要となるのは専門分野のスキルだけではありません。営業スキルや顧客と付き合うスキルなども必要でしょう。自営業を始めてしまうと学ぶ時間は簡単に作れませんが、就職している間であればゆっくり学べます。また、必要となスキルを教えてくれる人がいるかもしれません。企業側としては一人前にするのにどんどん教育するでしょう。この教えられたことは一生使えるスキルになる可能性があります。さらにそのスキルは独学で学ぶよりも、基礎がしっかりしていることが多いです。

就職先から独立後の顧客を見つける

就職先では顧客と顔見知りになることが多いでしょう。そのような人と仕事をすると、仕事が完璧ならまた仕事を頼まれるようになります。この繰り返しで信頼関係を強固にすることができます。強固な信頼関係は企業を辞めたからといって揺らぐことはないでしょう。独立した直後から顧客が多くいれば、自営業を始めても仕事がなくて困るということはないでしょう。就職していなかったら、そんな顧客と出会わなかったかもしれません。目指す分野の企業に就職すると、この点でもメリットがあるのです。また、直接顧客になってくれないとしても、ほかの顧客を紹介してくれることもあります。口コミや仕事の広がりを考慮して、顧客を最大限に大事にするといいでしょう。

社会を変えたい、社会全体に貢献したいと思ったときに、自分の思いと行動を伝える手段として起業があります。このような理由があれば、誰でも会社を作ることができます。